藍川由美「倭琴の旅」

やまとうたのふるさとをもとめて倭琴と旅をしています

お知らせ

藍川由美ホームページの「近況」はこちら
 
YAHOO!ブログ終了に伴ない、はてなブログ移行しました。
はてなブログではHTML編集が可能となり、
全ブログを再編集する中で、約半数を削りました。
未だ表示の不具合などありましたら
該当ページよりお知らせ頂けますと助かります。
 
なお、iPadではHTML編集ができませんので
旅の途中では未編集のままupしておりますこと
御了承くださいませ。

渡り来しもの

古来、宮中の神殿に祀られている韓神(からかみ)と園神(そのかみ)
北が百済神たる韓神、南が新羅神たる園神だそうです。
韓神は百済神=三島神=大山積神、園神は新羅神=八幡神とされ、
宮中に祀られている以上、全国各地に鎮座する三島神社大山祇神社
八幡神社系統は朝廷直轄の神社といえそうです。
 
しかしながら、宮中に祀られた神の名は、なぜか
梁塵秘抄』所収の以下の二首(248&249)には出てきません。
(↓『梁塵秘抄』写本より248と249を引用)
 
せきよりひむかしのいくさかみ かしまかんとりすはのみや
またひらの明神 あはのす たいのくちや小□□□
あつたにやつるき いせにはたとのみや
 
逢坂の関より東で軍神を祀る神社といえば、鹿島神宮香取神宮諏訪大社
また比良の白髭(しらひげ)神社、安房の州宮(すのみや)神社、滝の口の小鷹神社、
熱田(あつた)には八剣宮(はっけんぐう)、伊勢には多度大社となりましょうか。
ただし「ひの明神」は「ひの明神」すなわち日吉大社説が有力です。
 
せきよりにしなるいくさかみ 一品ちうさん あきなるいつくしま
ひちうなるた
(の誤記?)ひつみや はりまにひろみね さ(の誤記?)う三所
あはちのいはやにはすみよしにしのみや
 
逢坂の関より西で軍神を祀る神社は一ノ宮(美作国)中山神社、安芸の厳島神社
備中の吉備津神社、播磨の広峯神社、射楯兵主(いたてひょうず)神社、
淡路の石屋(いわや)神社に相対しては住吉大社西宮神社。と訳されますが、
「にしのみや」は広田神社(世俗西宮ト号ス)が有力で、広田社の南宮が西宮神社です。
 
梁塵秘抄』は後白河法皇編纂なので、上記を朝廷の見解とすると、
二首の歌に列挙された軍神が天皇にまつろわぬ民を征伐したのでしょう。
 
これらの神が活躍し始めたのは7世紀以降と思われ、
東国平定を決定的にしたのは坂上田村麻呂(758-811)とされています。
 
そのころ登場したのが鳥居で、『神道大辞典』(昭和12年初版)
奈良時代から神社建築の門の一種としている」とあり、
8世紀頃に現在の形が確立したとされています。
 
神社本庁の公式ページには↓こうあります。

鳥居の起源については、天照大御神が天の岩屋にお隠れになった際に
八百万の神々が鶏を鳴せましたが、このとき鶏が止まった木を
鳥居の起源であるとする説や、外国からの渡来説などがあります。
鳥居は、その材質・構造も多種多様で、それぞれの神社により形態が異なります。
一説には六十数種類の形態があるとも(中略)
起源や形態などさまざまではありますが、鳥居を見ると神聖さを感じるのは
我々日本人の共通した考え方ではないかと思います。
 
ならば、私は日本人ではないのでしょう。
鳥居を見ると、底知れぬ不気味さを感じるので。
 
同時期にもたらされたのが狛犬で、
通説によれば、古代の中東地域やインドで神域を守護するとされた"獅子"が
中国に伝わって皇帝の守護獣となったのを見た遣唐使が持ち帰ったのだとか。
その結果、平安京の清涼殿に二対の"獅子像"が安置されました。
 
ただし中国のいわゆる"唐獅子"が左右同形を基本とするのに対し、
日本の狛犬は口を開けた阿形(あぎょう)と口を閉じた吽形(うんぎょう)
一対とすることが多いようです。
 
阿吽(あうん)とは、梵字(12字母)の初めの阿(a)と終わりの吽(hum)で、
最初の阿は口を開いて発音し、最後の吽は口を閉じて発音します。
密教では阿を万物の原因、吽を万物の結果として
万物の初めと終わりを象徴するものととらえていました。
わが国には奈良時代から神仏習合の思想があったことから
平安時代狛犬も仏教の影響を受けたのでしょう。
 
倭琴の旅を始めてからずっと鳥居狛犬社殿など人工的建造物への
苦手意識が拭えなかったのは、日本古来の祖神信仰とは無関係の、
後付けされた形状に対する違和感からだとわかりました。
 
ヤマト王権が『記紀』に独自の日本神話を発表して以降、日本の神社は
その神話に基づく神々を祀るための神社を創建していった…というより
旧来の神社の祭神や社名を変えていったのだろうとも想像しています。
倭琴の旅を始めた当初、
対馬鳥居が3つ4つと列んでいる神社を幾つも見、
その鳥居の扁額に書かれた社名が全て異なっている事実に驚愕しました。
これこそがヤマト王権に平らげられた地域の産土神
官製の神に挿げ替えられた一例だったのかもしれません。
 
二段階ほど説明を端折りますが、ここに、宮中で祀っている神の名が
梁塵秘抄』の二首(248&249)に登場しない訳があるのでは? と疑っています。
鹿島神宮にせよ住吉大社にせよ
大元は海人族の祭祀で、軍神とは程遠い存在だったはずなので。
 

大滝鍾乳洞・縄文鍾乳洞

2013年10月、2億年前は海底だったという安久田の里を訪れました。
「あく」と聞けば
『外宮摂末社神楽歌』に歌われる「志摩国知久利ケ浦におはします
悪志赤崎(あくしあかさき)~」や、「しほやく→しほあく→しあく」の語源をもつ
塩飽(しわく)諸島など、海辺や海岸にまつわる地名が浮かびます。
f:id:YumiAIKAWA:20200412042818j:plain
この地に大滝鍾乳洞縄文鍾乳洞があります。
経営はともに郡上観光(株)のようですが、縄文鍾乳洞は土日のみ開くらしい…。
f:id:YumiAIKAWA:20200412043439j:plain
総延長2kmという大滝鍾乳洞は東海地区最大級の石灰洞窟で、公開部分は約700m。
ここ大滝鍾乳洞入り口の標高は約400mで、内部の高低差は100mもあるそうです。
f:id:YumiAIKAWA:20200504065101j:plain
これは…かなり滑りやすそうなので要注意。
f:id:YumiAIKAWA:20200412045608j:plain
早々にゴージャスな「竜王洞」を見られましたよ!
 
このが今日のテーマです。
は伝説上の生き物とされています。
起源は中国で、インドのナーガの類(蛇神・水神)にも影響を受けているとか。
仏教では二頭のが釈迦生誕の際に清浄水を灌ぎ、その後も守護したとされ、
空海神泉苑での雨乞いに善女龍王(清瀧権現)を呼んで雨を降らせています。
人はなぜ架空の生き物を神格化し、信仰の対象にしてきたのでしょうか?
 
f:id:YumiAIKAWA:20200504065235j:plain
先ずは水に濡れた狭隘な通路を進みます。
f:id:YumiAIKAWA:20200412052521j:plain
しかし楽器ケースを背負ったままでは通れません。
歩いているうちに、だんだん水音が近づいてきました。
f:id:YumiAIKAWA:20200412052700j:plain
これが最奥部にある「大滝」でしょうか? 水が細くてハッキリ写りませんが。
f:id:YumiAIKAWA:20200412053455j:plain
たしかに水が落ちています。そしてすぐ右の壁面には彫刻が!?
f:id:YumiAIKAWA:20200412053607j:plain
絶対に古いものではありませんよね?
そもそも大滝鍾乳洞が発見されたのが50年ほど前らしいので。
案内板や口頭での説明によれば、台湾・花蓮から日本に留学していた彫刻家
柳順天氏がこの滝を見てを感得し、洞内の自然石に不動明王を彫りたいと
申し出て、5ヶ月のあいだ夜中から朝にかけて刻まれたそうです。
「大滝不動尊」と命名され「浄財」の箱が置かれた様は宗教施設のようでもあります。
f:id:YumiAIKAWA:20200412055546j:plain
「御神水」とありますが、恐ろしくて飲めませんでした。
ただ、左下の水の流れを描いたような造形が自然のものかどうか気になりました。
f:id:YumiAIKAWA:20200412052617j:plain
階段を上って「大滝」をあとにします。
f:id:YumiAIKAWA:20200412060802j:plain
「大滝」は地底の滝と書いてありましたから、ここからは上りなんですね。
淡々と折り返したつもりでいたら、突然の下り?!
f:id:YumiAIKAWA:20200412061931j:plain
えっ、下が見えませんよ!! この落差が大滝鍾乳洞の魅力なのでしょうけれど。
f:id:YumiAIKAWA:20200412062013j:plain
おっと、右奥に「象牙の林」ですって!?
こちらのネーミングがなかなかにポエミーなのです。
f:id:YumiAIKAWA:20200412091941j:plain
これは…、たしか「デコレーションケーキ」!?
f:id:YumiAIKAWA:20200412062817j:plain
えええ~~、また下り?
f:id:YumiAIKAWA:20200412063040j:plain
やっと下り終えたところに「出口」の表示が!!
f:id:YumiAIKAWA:20200412063312j:plain
ところが、そうは問屋が卸しません。更に数分歩いてやっと外へ。
f:id:YumiAIKAWA:20200504071000j:plain
ちょっとした冒険でした。混み具合にもよりますが、私は約40分でまわりました。
それにしても、入り口とは全く別の場所へ出たのでビックリ!? しましたが、
人気スポットなのに変に観光地化されず、自然がいっぱいで楽しめました。
 
縄文鍾乳洞の方は、もっと自然のままなのだそうで、
ライトアップされていないため、コウモリが子育てをしているそうです。
入り口でコウモリがぶら下がっているのを見たら「当たり」だとか!?
大声を上げてしまいそうな自分が怖いものの、土日に行きたいと思って調べたら
現在は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため「臨時休業中」でした。
 
さて、今回はの話です。
この架空の生き物が、龍神と神格化されたのはなぜでしょう?
ヤマト王権が採用した"陰陽五行説"の視点から考えてみたいと思います。
 
中国の王朝が紀元前の"陰陽五行"を専門の役所で活用していたのに倣い、
日本では718年に"陰陽寮"を設置、"陰陽師"という官僚を養成しました。
"陰陽寮"が日本の神道の祭祀や神事に影響を与えたことは確実です。
 
"陰陽"では、全ての存在は相反する二つの性質を持つとされ、
例えば男・奇数・天は"陽"に、女・偶数・地は"陰"に分類されます。
 
"五行"は人の生活に不可欠な「木・火・土・金・水」の五つの元素、
「行」は動く、めぐる、と意味づけられます。
 
こうした中国の"五行思想"とよく比較されるのが、西洋の"四大元素説"です。
日本は明治に西洋の流儀が入るまで(飛鳥時代~江戸時代)古代中国に端を発する
上記の自然哲学の思想を根本に据えていましたが、明治5年に政府が
"陰陽道"を迷信として廃止したため"陰陽五行説"は衰退してしまいました。
しかしながら、千年以上"陰陽五行説"を根底に運営された国の政治体制や医学、
四季の変化などを西洋の物差しで測ることがナンセンスなのは言を俟ちません。
 
万物は「木・火・土・金・水」からなるという"五行説"において
最も重要なのは、5つの元素が互いに影響し合い、その生滅盛衰によって
天地万物が変化し、循環するとの考え方ではないでしょうか。
5種類の基本要素を単独で捉えるのではなく、
相互作用により変化しゆく過程や状態が重要だと思われます。
"陰陽"という単純な理論に"五行"が加わって複雑さと深みを増した
"陰陽五行説"は、紀元前から政治・経済・医療など
生活のさまざまな場面に生かされてきたわけですから。
 
五行 五方 五色 五時 五龍 五声・五海・五音・五腑 etc.










 





中央

西


 



赤(紅)






 





土用




 

青龍

赤龍

黄龍

白龍

黒龍
 
 (讃岐の「五色台」の5つの峯に空海が青峰・紅峰・黄ノ峰・白峰・黒峰と名づけたことに悩んでいます。
 青峰は東にあるので〇、しかし紅峰は青峰より北で✖。その紅峰の南に黄ノ峰があり、紅・黄・青は「五色台」のほぼ東端に縦一列に並んでいます。黒峰は北にあるものの紅峰よりは南で、白峰は西ながら青峰よりも南です。
 自然の山なのでピッタリ東西南北を合わせるのは無理だと思いますが、どういうつもりで五峰に色の名をつけたのでしょう?)
この、紀元前から活用し尽くされてきた"五行説"から「黒龍」や「白龍」を
単独で取り出して信仰することに意味があるでしょうか?
私には雑多な渡来音楽を取捨選択しつつ独自の「雅楽」を創り上げた日本人が
そんな愚かなことをするとは思えません。
すると、元々我が国にあった原始宗教と結びついたのかも知れません。
とはいえ、龍神に関しては諸説があり、現在は明治政府が迷信として
廃止した"陰陽道"以上に混沌とした状態にあるようです。
 
人が、なにか人間とは違うもの、人間を超える能力をもつものに憧れたり
縋ろうとしたりする気持ちはわからなくもありません。
キリストにせよ、龍神にせよ、超越した神として信仰されているのでしょう。
しかし、今ちょっと検索しただけで、龍神が見えると豪語されている方や
10万部以上売れた『「龍使い」になれる本』を書いた方がいらしてビックリ!!
(「そんなに龍神が凄いのなら、新型コロナウイルス問題を解決して下さいよ」と、ぼやく)
 
とりあえず、その龍神はどこのどなたなんですか?
見た目はどんな姿ですか?
 
「八大龍王」なら仏教由来の龍神なので、大陸渡来ですよね?
前述の善女龍王は「八大龍王」のうちの沙掲羅(サーガラ)の娘だとか。
 
他方「九頭龍」は日本由来のようです。
箱根神社の伝承では、災厄をもたらし「毒龍」と呼ばれた「九頭龍」を
萬巻上人が法力で調伏すると、人々に利益をもたらす龍神になったとか。
戸隠神社の伝承では「九頭龍」とは九つの頭を持つ「鬼」というか怪物で
849年に修行者に封印されて「九頭龍大神」という善神になったのだとか。
出ましたね「鬼」=先住民。
いずれも先住民が朝廷に討伐され支配下に入ったことの暗示でしょう。
 
龍神とはいえ、渡来系なのか、ハーフなのか、ネイティヴなのか、
出自もわからず恃んでよいものでしょうか? 親の仇だったらどうする?
…なんて、私は自分の人生を舶来龍王にも誰にもたのんだりしませんが。
 
ただし縄文神とされるミドゥチになら会ってみたい気がします。
現在なら水主神社蛟蝄神社御社口社の社名に可能性があるかも!?
ですが、蛇が龍になったなどの龍神伝説があると祭祀が変わってるかも?
やはり龍神は渡来系およびヤマト王権以降の名称みたいですね。
(これで、台湾の彫刻家が大滝鍾乳洞の滝を見てを感得した話が納得できました)
ミドゥチ、大蛇(オロチ)の「チ」が同源で、雷(イカツチ)を厳(イカ)つ霊(チ)とする
説と同じく「霊」をあらわすとの考えに心惹かれています。
 
長々と書いたのに、スッキリした結論に至らず、申し訳ございません。